6歳未満の子供は必須です

自動車免許を取得し、車を運転する際にマナーとして様々なルールを守る必要があります。その中で乗車する際に最も気をつけなければならないのが、小さな子を乗せる時です。まだ小さな子は、大人と違い長時間ジッとしている事が難しく動きたがります。ですが、車の中で座らせずに好き勝手遊ばせる事は、とても危険です。また6歳未満の子供には必ずチャイルドシートが必要となります。チャイルドシートに座らせる事で、衝撃から守ることができるのです。小さな子は、チャイルドシートを嫌がり、愚図る事も多くありますが、だからと言っておろしてしまうと大変危険です。急ブレーキをかけた時など、大人よりも不安定のため吹っ飛んでしまったり、頭から落ちてしまうことがあるので気をつけましょう。またシートに立たせたり、窓を開け顔や手を出したりすることもやめさせる必要があります。更にチャイルドシートを装着する際、助手席は避けましょう。助手席は衝撃を受けやすく、万が一の事故の際にとても危険となります。二列目に着けるのが良いでしょう。小さな子は、自分で自分の身を守ることができないため、保護者が守ってあげなければなりません。きちんとルールを守り安全な形で走行しましましょう。