1か月で減量する体重の目安

減量に取り組む場合、無理な食事制限をするとリバウンドをして体重が元に戻ってしまうことがあります。いきなり体重を減らすと、リバウンドしやすい体質になります。一時は目標体重になれたのに、また体重が増えたりしたら、がっくりします。減量をしてもリバウンドを避けたいという場合は、時間のかかる減量計画を立てることがポイントです。日々、わずかなペースで減量を行うことによって、数カ月後には目標体重に達するようなダイエットができます。具体的には、どのくらいの早さで減量をすればいいでしょう。大体1日50g、1カ月で1.5〜2.0sになるように減量に取り組んでみましょう。1sの脂肪を減らすには7,200キロカロリーのエネルギー消費が必要となります。減量を成功させるのは難しいと言われていますが、1カ月計画でやるならば、1日240kcalでいいことになります。カロリーの消費を全て運動で解決しようとすると長続きしませんが、食生活を見直すことが、減量の効率を高めることができます。1日の消費カロリーを240kcal増やしたければ、食事を150kcal減らし、30分の運動をすることで90kcalのカロリー消費ができます。食事のカロリーを減らす方法には様々な工夫の予知があり、ノンオイルドレッシングを使ったり、主食を減らしたりできます。ちょっと内容を変えるだけで、ストレスなく減量をすることは可能ですので、体重を減らすために頑張ってみてください。

体重と減量の目標

減量を成功させるためには、自分の体型を知り正しい体重の目標を設定することが不可欠です。自分自身を知ることが、減量をするためには何より重要です。カロリーの吸収と消費の量を調節することが、減量のポイントであるといえます。納得のいく減量をするためには、体重が減りそうなことを片っ端からする無計画さはよくありません。減量を達成するには、そもそもどうしてた体重が増えたかを知ることが必要です。カロリー過多で脂肪がついたのか、代謝が低いことが原因か、それ以外に理由があるのかで、減量の方法も変わります。標準体重の出し方というのは決まっていますが、これだけでは本当の体型は分かりません。体重は標準でも、体脂肪率が高い隠れ肥満の人もいます。ぱっと見でスリムな人でも、実は減量が必要であるという人もいるのです。自分のBMIがいくつで、体脂肪がどのくらいかわかれば、痩身の目標をどこに設定すればいいものかがわかります。減量が健康にいいの人とは、BMIと体脂肪率が共に高い人です。体脂肪が高く、BMIはさほど高くならば、お腹周りや下半身の脂肪が気になりますので、運動で代謝させましょう。計画的な減量を行うためには、自分の身長や体重から、自分自身の体型を数値で表してみることです。

減量と体重の停滞期

減量をしようと頑張っている人にとって一番つらいのは、体重がなかなか落ちない停滞期に入ったときです。停滞期の有効な対処方法とは、果たしてどのようなものなのでしょうか。ダイエットに取り組む人が体験するのがこの停滞期です。逆に停滞期さえ攻略できれば、減量は問題なく続行できるでしょう。人の体は、ある程度体重が減れば停滞期に突入するようにできているため、体の反応としてはごく当たり前です。カロリーの少ない食事をしばらく続けて減量をしていると、少量の食事に体が慣れるように、人体は代謝を下げていきます。フルーツ酢が、停滞期の突破口になります。フルーツ酢に含まれるクエン酸とお酢の酢酸の2つの効果で脂肪や糖質をスムーズにエネルギーに変換して代謝をアップしてくれます。停滞期で、減量をしているのに体重が一向に減らないという人におすすめです。カロリー制限によってビタミンやミネラルが欠乏しないよう、果物を漬けた酢を摂取することで、効率的に体に必要な栄養成分が補給できるでしょう。血糖値が気になる人はフルーツ酸を摂取して、インスリンが急激に上がらないよう働きかけましょう。体質を改善し、体内の脂肪の蓄積を抑えるために、その時々の季節の果物でフルーツ酸をつくってください。停滞期にはフルーツ酸を活用して、減量をスムーズに進めましょう。